事務局所在地
日本人類学会事務局
中西印刷株式会社 学会部内
〒602-8048
京都市上京区下立売通小川東入ル西大路町146
電話:075-415-3661
ファックス:075-415-3662
e-mail:
asn@nacos.com

 「日本の古人骨に関する文献」に関する情報提供のお願い

日本人類学会会員の皆さま

日本人類学会和文機関紙Anthropological Science (Japanese Series) (ASJ)の編集長をしております奈良貴史です。会員の皆さまに情報提供のお願いです。

かつて池田次郎先生を中心に和文誌に「日本の古人骨に関する文献」が掲載され、2000年までの我が国の古人骨に関しての研究論文のみならず出土人骨の記載された報告書等の文献集成がなされていました。残念ながら、その後そのような集成はなされず現在に至っています。古人骨の多くは遺跡から出土する人骨であり、その基礎的研究となる記載報告は遺跡の発掘調査報告書に掲載される場合が通例です。遺跡発掘調査報告書は部数が限られ、インターネットで公開されるものは極めて限定的で人類学関係者がその成果に触れることは容易ではありません。しかし、近年、古人骨の古典的な形態学的研究のみならずDNA解析や化学的分析が著しく進歩し、骨から得られる情報は飛躍的に増加し、多岐に渡っています。それらの情報入手の手助けになると考え、古人骨に関する文献の集成を再開することにしました。今後古人骨文献のアーカイブ化の一歩になればと考えています。そこで、2001年以降の古人骨に関する研究論文等を執筆、もしくは出土人骨の鑑定業務に携わった会員に以下の情報を提供して頂くようお願い申し上げます。

対象年 2001年~2015年 対象文献 日本の古人骨研究に関係した全ての文献

①    著者 ②出版年 ③題名 ④掲載書籍・雑誌名 ⑤頁 ⑥人骨の帰属時期(発掘人骨の場合)

従来の掲載書式を踏襲し文献の分類を以下にします。該当する分野をお示しください。 Ⅰ古人骨一般、Ⅱ発掘人骨、Ⅲ人骨の形態特徴、Ⅳ人口・寿命・病気・損傷、Ⅴ風習・社会、Ⅵ化学的・分子遺伝学的特徴  

送付先 E-mail:asj@nacos.com <mailto:E-mail%3Aasj@nacos.com>  

締め切り 2016年2月29日   Anthropological Science (Japanese Series) 

編集委員長 奈良貴史