事務局所在地
日本人類学会事務局
中西印刷株式会社 学会部内
〒602-8048
京都市上京区下立売通小川東入ル西大路町146
電話:075-415-3661
ファックス:075-415-3662
e-mail:
asn@nacos.com

デジタルヒューマン・ワークショップ&オープ ンハウス2016

日本人類学会会員の皆様

産業技術総合研究所 人間情報部門 デジ タルヒューマン研究グループは,今年も以下の通りデジタルヒューマン主催 の公開イベントを開催いたします.事前受付を開
始しておりますので,ご興味をお持ちの 方は奮ってご参加ください.

━━デジタルヒューマン・ワークショップ&オープ ンハウス2016のご案内━━

・テーマ:デジタルヒューマンを体験しよう!
・日 時:2016年3月9日 (水)13:30~18:00
・場 所:産業技術総合研究所 臨海副都心センター 本館 3階および4階
・参加費:無料
・主 催:独立行政法人 産業技術総合研究所 人間情報研究部門 デジタル
ヒューマン研究グループ(DHRG)
・ Web:http://www.dh.aist.go.jp/jp/general/2016.php

産業技術総合研究所「デジタルヒューマン工学研 究センター」は,2015年4月「人間情報研究部門 デジタルヒューマン研究グループ (DHRG)」として再出発いたしました.実験室で計測した質の高いデータに基づき人間機能をモデル化するだけでなく,現場で計測したデータをモデルを用いて補完し人間機能データとして蓄積する技術,そしてこのモデルを用いて人間の 行動や生活に介入するための技術の研究を推進していきます.


DHRGとして最初の開催となる第15回デジタ ルヒューマン・ワークショップ&オープンハウスでは「デジタルヒューマンを体験し よう!」をテーマに,体験型のワー
クショップとオープンハウスを行います.人間の行動や生活を情報として取り扱うための計測技術,そして人間の行動や生活 を変容させるための介入技術は,情報と生
活のインタフェースであるデジタルヒューマンの要です.

 ワークショップとオープンハウスを通じてこれら の技術を実際に体験していただき,デジタルヒューマンモデルやその情報・生活 インタフェースとしての応用につ
いて議論できることを楽しみにしています.

・プログラム概要
 ■第一部: ワークショップ (13:30~15:30)(WS5のみ16:30まで)
  5つのワークショップ(定員制)を並行開催い たします.詳細はWebページ
をご参照ください.
  WS1: MoCap計測体験
      産総研DHRGで行っている VICONを用いたヒト身体運動解析のお作法
(やっていいこと、わるいこと) のご紹介.
  WS2: MoCapデータの処理・活用
      計測された運動データの後処理につい て,実際にソフトを操作して体験
  WS3: リアルワールドセンシング
      生活のシーンに溶け込むことができる 実世界センサの使い方を学び、
アプリケーションをプロトタイピ ングする体験
  WS4: ロボットによる環境センシング
      環境の地図作成,自己位置推定など, 自律移動ロボットを構成する技
術を実際にロボットを動かしながら ご紹介
  WS5: データに基づく生活デザイン (13:30~16:30)
      生活デザインの考えを紹介し,実際の 高齢者の生活実態のデータをも
とに,自由な発想で生活をデザイン し課題の解決を図るグループワーク

 ■第二部: オープンハウス (15:45~18:00)


・参加申し込み:登録制(無料)
  https://www.dh.aist.go.jp/Workshop/2016/registration.php

 個々のワークショップで募集人数がそれぞれ決 まっておりますので,ワークショッ
プへの参加をご希望の方には事前登録をお願 いしております.希望多数の場合には
先着順でとさせていただきますの で,Webページ
   http://www.dh.aist.go.jp/jp/general/2016.php
で詳細をご確認のうえ,お早めにご登録ください.

 オープンハウスのみの御参加も歓迎いたしますの で,是非ご検討ください.