事務局所在地
日本人類学会事務局
中西印刷株式会社 学会部内
〒602-8048
京都市上京区下立売通小川東入ル西大路町146
電話:075-415-3661
ファックス:075-415-3662
e-mail:
asn@nacos.com

一般公開シンポジウム事前参加登録

第69回日本人類学会大会公開シンポジウム
「歩くことから。健康への取り組みをはじめる、つづけるために」

健康の維持・増進に関心が高まる中、始めやすく続けやすいものと
して「歩行」が注目されています。さまざまなウェアラブルセンサ
が利用可能になってきたことで、提供できるサービスも一層、魅力
的なものに変わってきています。歩行研究とセンシング、サービス
開発が一体となって、国民の健康維持・増進に役立つべき時が来て
いると感じております。このような技術的・社会的背景を受けて、
このたび、日本人類学会の公開シンポジウム「歩くことから。健康
への取り組みをはじめる、つづけるために」を開催することとなり
ました。

日本人類学会では、人類の起源として二足歩行の研究に取り組んで
います。今回は、産総研で開催するにあたり、「二足歩行×産業応
用」という視点でシンポジウムを企画しました。例年は、土日・祝
日に公開シンポジウムを開催し、人類進化に関心のある一般市民に
多数お集まりいただくのですが、今回は、あえて平日(金曜)にシ
ンポジウムを開催し、企業の方々が「業務として」参加聴講いただ
けるようにいたしました。高齢者研究、歩行研究で著名な先生方
と、技術開発、開発事例報告という構成にいたしました。お忙しい
ことと存じますが、是非、ご参加下さい。


日時  2015年10月9日 (金) 13:30 - 16:00
場所  産業技術総合研究所 臨海副都心センター別館11階 会議室
参加費 無料
    希望者は下記から事前にお申し込み下さい

 http://www.gakkai.ne.jp/anthropology/69_annual_meeting/symposiums.html

シンポジウム概要
 「高齢者における歩行の意義」
  鈴木 隆雄(桜美林大学 加齢・発達研究所;国立長寿医療研究
  センター)
 「ロコモティブシンドローム-高齢者の運動機能低下と生活機能低
  下との連関-」
  岩谷 力(長野保健医療大学)
 「センサによる転倒リスク/歩行特徴評価装置の開発」
  小林 吉之(産業技術総合研究所人間情報研究部門)
 「歩行特徴の見せる化技術で健康生活を支援する」
  須藤 元喜(花王株式会社 パーソナルヘルスケア研究所)
 パネルディスカッション