事務局所在地
日本人類学会事務局
中西印刷株式会社 学会部内
〒602-8048
京都市上京区下立売通小川東入ル西大路町146
電話:075-415-3661
ファックス:075-415-3662
e-mail:
asn@nacos.com

デジタルヒューマン・シンポジウム2014

【デジタルヒューマン・シンポジウム2014のご案内】

■日時: 2014年3月7日(金) 10:00~18:00
■場所: 日本科学未来館 みらいCANホール (東京・お台場)
■主催: (独)産業技術総合研究所 デジタルヒューマン工学研究センター

ご案内・参加登録: http://www.dh.aist.go.jp/jp/general/2014.php

第13回デジタルヒューマンシンポジウムのテーマは、「生活機能変化に適応する社会:課題解決エコシステムとテクノロジー」です。

子ども、女性、高齢者、障害者といった機能変化がある多様な人々が、安全に生活でき、そのポテンシャルが最大限惹きだされる「生活機能変化適合社会」の創造が求められています。 一方、最近、経済システムを融合させた新たな社会問題解決の試みが諸外国で活発化しており、それを支える技術として、コミュニティ全体や個々の生活にかかわる様々なデータを取得・分析・共有する技術や、生活のリデザインのためのアシスト技術の開発も進んでいます。

本シンポジウムでは、社会問題解決型経済(Solution Economy)の研究者Paul Macmillan氏、全米や27カ国の地域と協働し課題解決を実践してきた非営利団体Safe Kids WorldwideのKate Carr氏、健康増進のための運動空間創成立に取り組んでおられる立命館大学・伊坂忠夫先生など第一線で活躍中の研究者、チェンジメーカーを迎え、生活機能変化適合社会の実現に向けたアプローチや具体的な方法論を議論します。

シンポジウム終了後には、デジタルヒューマン工学研究センターのラボにてオープンハウスを行います。我々の研究の最新の成果を知って頂く機会となること、そして我々の技術やその応用展開について議論する機会となることを期待しています。

■参加費: 無料
事前の登録をお願いしております。
下記Webページよりご登録ください。
http://www.dh.aist.go.jp/jp/general/2014.php

定員に達し次第、事前登録の受付を終了させていただきますので、お早めにご登録ください。

■プログラム概要 (詳細・講演順は変更する可能性があります)

09:30~10:00 開場・受付開始
10:00~10:15 開会挨拶 持丸正明 (デジタルヒューマン工学研究センター)
10:15~11:05
 招待講演1 Paul Macmillan (Global Industry Leader, Public Sector, DTTL)
 「The Solution Revolution」
11:05~11:55
 招待講演2 Kate Carr (President and CEO, Safe Kids Worldwide)
 「Working Together To Keep All Kids Safe From Preventable Injures」

(11:55~13:10 昼食)

13:10~14:00
 招待講演3 伊坂忠夫 (立命館大学スポーツ健康科学部 副学部長/教授)
 「近未来の健康増進社会の実現に向けて ―運動空間創成というアイデア―」
14:00~14:20
 研究発表1 持丸正明 (デジタルヒューマン工学研究センター)
 「生活系ビッグデータに基づく使用価値の高い製品・サービス設計」
14:20~14:40
 研究発表2 山中龍宏 (Safekids Japan)
 「コミュニティ参加型研究アプローチによる子どもの傷害予防」

(14:40~14:55 Coffee Break)

14:55~15:15
 研究発表3 本村陽一 (デジタルヒューマン|サービス工学研究センター)
 「確率潜在意味構造的ヒューマンモデリングによるモノ・コトづくりに向けて」
15:15~15:35
 研究発表4 保原浩明 (デジタルヒューマン工学研究センター)
 「身体運動における障害リスクの評価法~ランニング・ウォーキ
 ング・サッカーを例に~」
15:35~15:55
 研究発表5 西田佳史 (デジタルヒューマン工学研究センター)
 「生活データベースに基づく高齢者の社会参加支援」
15:55~16:10
 閉会挨拶 加賀美聡 (デジタルヒューマン工学研究センター)

16:10~18:00
 オープンハウス: DHRC見学会